ぷぷぷ、ランナー

つちやゆうのブログ。タイトルは昔つけたままで、特に意味はありません。 ※発言は私の主観で、所属する団体/法人の公式な見解ではありません。

カテゴリ:地方創生 > 宮崎スタートアップバレー

8月19日に宮崎市の商工会議所が主催した、
宮崎のNPO法人まちづくりGIFTの代表である斎藤さんの講演を聞きにきました。
(宮崎スタートアップバレーの共同代表の一人です)

今回の講演をしている斎藤さんが登場したガイアの夜明けの動画からスタートです。

日南市の飫肥杉を世界へ輸出するためにクラウドファンディングを活用して、飫肥杉を世界に発信しようとしたエピソードです。

ニューヨークの世界最大のギフトショーへの出展のための費用を、FAAVOで集めました。
FAAVOは、地域を応援したい人が資金を出資するというクラウドファンディングサービスです。

2014年8月のイベントに出展したというものです。
補助金ではなく、一緒に地域を盛り上げる仲間を求めていることを目的の第一としたことでクラウドファンディングのポイントだったということです。

さて、今回のテーマは「地域で稼ぐ」
NPOは立ち上げて9年目とのこと。

斎藤さんが最初に提示したのは、
地域の人は 稼ぐことをしてはいけないこと。稼ぐことは悪であると思っている人が地域には多いということ。

二宮尊徳「経済なき道徳は、寝言である」
斎藤さん「経済なき、まちづくりは、寝言である」

として、まちづくりは稼ぎ続けていくことが大事であると考えていて、提唱している。
有名な木下さんがまちづくりを会社としてとらえて挑んでいることを例にして、
「株式会社宮崎県、株式会社宮崎市はどうなのか?」と会場に問いかけます。

斎藤さんが取り組んでいるのは、
地域ブランドのプロデュースとして「発見・磨く・発信」というもの。

斎藤さんが、シリコンバレーで働いている時に学んだ地域イノベーションはなんだったのか?

Appleを例にして、当時appleはシリコンバレーでも評判は最悪だった。しかし今は世界最高の会社としての評価を得ているわけです。
地域としても、いま限界集落として落ちぶれていると評価されていますが、まだまだ成長できるチャンスがあるというイノベーションの可能性があります。

26歳で起業してからのエピソードです。
どん底1:ボンビー
国分寺のアパート(家賃10万円)でスタート。
起業間もない時は、どんどんお金がなくなっていく。
当時は、仕事はいくらでも仕事があると思っていた。
エピソードで、大晦日の夕方に帰り、西友に値引きのシールをはってあるオセチを購入して帰った際に、この生活からは抜けだそうと心にきめ。この時に、「仕事を下さい」ということを言える謙虚になることができたキッカケだったと学んだそうです。

その後、表参道にオフィスを構え、かなりリッチな仕事をとれるようになった。

・地方企業を再建
・雇用創出・地域経済の活性化

知り合いの代理店からの相談がポイントでした。
地方の企業の再建をしてほしいとの相談。秋田県の印刷屋さん。
今では当たり前のオンデマンド印刷でした。

東京の高単価印刷を秋田で受注し、成長できるようになりました。

その成功体験を通じて、
・成功する地域の条件:地域資源を活かしたまちづくり

のよろこびを感じることができました。

それで世界中を見て回り、「自分にしかできないことをやろう」という思いを強くします。

海外のある国のまちづくり(フライブルグ)で、その街の資源を活かして豊かな経済の仕組みを作っている事例として学びます。

第2次世界対戦で荒廃した街を、再生する際に以前の街に作りなおしたそうです。
・伝統文化を次世代へつなげる
ということに刺激を受け、今の生き方になっていきます。


その後、震災がおきます。

その震災をきかっけに、地域活性化を使命に生きる決意をします。

それが3年前。

どん底2:ぼっち

宮崎への移住のきっかけと理由はなんだったのか?

・宮崎の人が好き・食が好き

というのが一番の理由。

日南市に行き、飫肥杉を使う職人さんとの出会います。
・地域資源を守りたいという思いが芽生える

その気持ちをもって、
obisugi design というFacebookページを立ち上げます。

日南市にこれをきっかけに提言をします。
しかし、お金がない

クラウドファンディングで集めたいと思うが、集まらなかったらそれは市場のニーズがなかったということだと伝え、クラウドファンディングをはじめました。

そのためにはじめたことは
・地道に理解者を増やす(隣の人を口説きましょう)

その結果、仲間が増えてきたそうです。

そして、ブームになります

このプロセスと結果は、斎藤さんは「自分の力ではなく、ここまでくると地元の方のちからになんです」といいます。

そして、日南市が応援しはじめます。そして全国の林業に関わる方から連絡がきはじめます。

そして、325万円のクラウドファンディングが成功します。

その後、NYに行き、ガイアの夜明けにでることになります。


この結果、売上は6倍になり、地元には視察がくるようになります。
視察で30〜40万円のお金が街におちます。

飫肥杉の市場価値が今年あがったそうです。
→これにより経済が動き出したのです。

日南市長と会談するなかで、飫肥杉の苗木がたりなくなるくらいになっているそうです。


その後、斎藤さんが取り組んだのは

・染物屋さんの支援
・地域のレストラン(ラディッシュセブン)と元々の年商10億円企業とタイアップをプロデュース
・今後は、六本木で綾町の野菜が食べれるレストランの計画も動いているそうです

・テゲテゲ通信(テゲツー)
 元々、宮崎は魅力があります。その魅力を発信することで多くの方に支持されている日本で2番目のローカルメディアになったそうです。
・宮崎てげてげ移住計画
・宮崎県の観光映像をつくり、宮崎県知事から表彰
 →その後、楽天カフェや新宿などで流れるなど、youtubeでは世界では1万回以上見られています。

稼ぐ方法

地域の魅力を「発見」「磨く」「発信」につきると言います。
多くの地域や人が取り組んでいますが、「磨く」という点が弱いと評価しています。
この磨きを力を入れることが大事です。


そしていま取り組んでいるのが、鹿児島県の三島村です。
発見:三島村の宝物は足元にあります。それが大名筍です。
磨く:すぐに美しく撮影しました。
発信:すぐに六本木のお店に今までの流通を倍の値段で提案しても売れました。
   (価値がわかる人に届けたことがポイントです)


地域の資源はモノだけではなく、人も資源だと思います。

そして 宮崎スタートアップバレー を立ち上げました。
「宮崎を世界一チャレンジしやすい街にしよう」
とうたっていますが、できるかどうかなんてわかりません。しかし、やってみればいいと思ってはじめました。

宮崎県高千穂で「企画会議」の動画を紹介し、「宮崎ワケモン会議」を紹介されます。
この取組が、ある意味象徴的な取り組みになります。

昨年実施し、今年も11月に実施するそうです。


斎藤さんの話も最終段階にはいります。

アメリカにいた時に、起業したいというと
「いいじゃないか!やってみなよ!」

日本に帰ってきて、起業したいというと
「失敗したらどうするんだ?」

どちらが、新しい未来をつくるのか?
それは、チャレンジすることを応援することです。

まずは、今後も自分自身もチャレンジをしていきます。という言葉で、最後しめられました。

斎藤さんが一番おっしゃっていたのは、すべて斎藤さんがしているのではなく。
各地域の方が取り組み成果を出しているということを丁寧に話をされていたことが大変印象的です。

しかし、斎藤さんが それぞれのプロジェクトについて魅力を「発見」「磨き」「発信」という点をサポートしていることが大きなポイントなんだと感じました。
そして地域で実働している人のいうことは、東京などで聞くような内容とはだいぶ違いますね。

やはり、この人はステキですね!

IMG_9399_2

6/26-27で鹿児島にて開催された「startuphack Kagoshima byさくらクラブ」へ参加してきました。

どんなイベントっていうと、”鹿児島で開催! スタートアップの祭り”って感じです。

九州のスタートアップというと、福岡がよく話題になりますが、実はいろんなところでイロンナ動きが生まれてるんですね。そして、今度は南九州で鹿児島でイベントがあったわけです。




今回のイベントについては
1. スタートアップ・TECH九州コミュニティの活性化
2. さくらユーザーグループ(さくらクラブ)の発足
が目的となっていて、とりあえず もりあがっていこうぜ!っていう内容です。
詳しくは公式サイトでみてください m(_ _)m

私、土屋がなんで?というと、とりあえず ベンチャーとかやってる感じする&ミヤバレー(宮崎スタートアップバレー)やってる感じする という感じでお声がかかったみたいですが、まぁとりあえず喋りなさいって感じです。
23





あと、ミヤバレーの説明も2部でチャレンジャー2人といっしょに話をさせて頂きました。

さて、土屋的に特に振り返りたいのは2点。

土屋が参加させて頂いた、畳に座布団で横一列に並んでの、笑点の大喜利な”パネルディスカッション”で頂戴した質問のやりとりの中での空気感から感じた話なのですが。

「こうあるべき!」とかいらないよね。
「グローバルじゃないと!」とかだけじゃないよね。
創りたい、やってみたいって人がやれる。やってみたらいいよね。


techで、アプリでウェブサービスだけじゃやなくて、インターネットがみんな好きで、スゴイ!って思ってるのって、オープンで、フェアで、チャンスがあって、つながっていくからなんじゃないかなと。

だから、ローカルだっていいし、自分が創りたいものをつくってるだけでいいんじゃないかと。それも一つで、受け入れた上で、応援したい人が応援して、買いたい人が買って。
IMG_9397

(画像が粗くてすみません)

起業・創業っていうのを、なんか危機感を煽りながら増やそうとするのではなくて、自分がやりたい事、信じたい事、好きな事とかを考えて、それに素直に、勇気をもって一歩踏み出す。そんな、気持ちを受け入れ、リスペクトして、背中を押したり、引っ張ったり、手を差し伸べたりするのがいいなと。

イケてないところを、見つけて指摘していくだけじゃなくて、いいところ・イケてるところを探して、見つけて、磨いて、支えていくのでもいいのかなって思ったんですよね。

そんな中で、起業家や事業家、チャレンジャーが、多くの人に知ってほしい、買って欲しい、選んで欲しい、使って欲しいって動機を持って、ビジネスとしてグロースしていくというストーリーがあってもいいなと。

そんな、緩やかな自由なスタイルであっても、「自立・自律」(byシェアゼロ 中川さん)するためには、結局向き合わないといけない厳しい現実があるわけで、それこそ自由と責任であり、リターンとリスクの関係なのだと思うわけです。

それは本人たちが一番わかってるわけですよ。自分で自立しようとしているチャレンジャーたちは。
それでも一歩踏みだそうとしているんですから。


最後のポイント(ってか、2点目です)

イベント仕掛けた人たちがとてもステキ、応援する人もステキ

今回、イベントに誘ってくれたのはユニマル永田さん。
会場いって思ったんですけど、鹿児島のアツい人たちがめっちゃ手作りでやってるわけです。お酒もすっごい飲むけど、すっごい働く!こんな人達がカッコ良かった。
鹿児島大学の先生や、freep(サイトとか、プロダクトのアップデート情報以外の更新されなさ具合w)の鮫島さんとか。
数人のアツい人が考えて、動き出していて、それを支える「さくらインターネット」という存在。社長の田中さんはめちゃめちゃおもろいし、いい人だし、すてきなクリエイターでした。

参加しておもったのは、みんなが持ってるポテンシャルがハンパない!ってこと。

宮崎での起業家、チャレンジャーを応援しています!

ということで、先日 宮崎スタートアップバレーの最初のイベントを開催してから、WEB等からメンタリングや支援についてのお問い合わせをいただいています。

イベント当日に参加された方の中からは、ご指名をいただいた方については私も対応させて頂いています。

結論:宮崎にやっぱりチャレンジャーはいっぱいいる!


正直なところ、平日の夜は結構な頻度で埋まってきてます。

それくらい、素晴らしいチャレンジャーの方からのご相談をいただいています。


そして、一緒に前に進めることができそうです。


そんな中で話題になっているのがこちら

みやざき創業サポート室使用者募集

当所では、高千穂通りに面したオフィスビルの一室を、「みやざき創業サポート室」(インキュベーションルーム)として使用することにより、まちなかへの雇用の創出、地域経済の活性化に資することを目的とする「みやざき創業サポート事業」を実施します。



わかりづらい!


だれに?:起業家予備軍、起業して間もない人
なにを?:宮崎では一等地の場所で オフィスを無料で貸してくれる!
平机 1台
椅子 1脚
インターネット回線
・有線<加入契約及び使用料は使用者負担>
・Wi―Fi機能<使用料無料>
※創業サポート室において来館者等へ提供するサービスであり、機能が制限されることがあります。
電話回線<加入契約及び使用料は使用者負担>
コンセント等

どこ?:カリーノの隣のJTBさんが入ってるビル!
だれが?:宮崎商工会議所

どうすればいいか?

いつまでに:平成27年6月1日(月)〜 平成27年6月30日(火)17時(必着)
なにを:書類一式
どうする?:作成して送る!


すると
08

ここに1年オフィス持てます!

って話です。

詳しくは、こちらをチェック!
みやざき創業サポート室使用者募集

宮崎スタートアップバレーのキックオフイベントを開催しました。

11259727_838223392931255_72274569238882736_n


2015年5月5日に設立し、5月23日に宮崎スタートアップバレー 略して"ミヤバレー"のキックオフイベントを開催しました。

なんと、Facebookだけでの告知でもあり告知から開催までは2週間ちょいだったのですが、お申込み123名で、当日ほぼ同じくらいの方にご参加いただきました。皆様、参加ありがとうございました!

来賓には 宮崎県商工観光労働部産業振興課 野間課長、日南市 崎田市長にご挨拶をして頂きました。また日南市からは副市長もご参加いただきました。(イベント開催を知って頂いたのはFacebookで、参加もFacebook経由でした。)県も市もみなさんが応援して頂いていることを感じることができました!

参加者は、大学生から30代くらいの方が中心でしたが、全体をみると上は60代の方も来ていただいて、年齢関係ない感じがよかったです。

何より、上から目線な感じの(オーラを出している)オジサンがいなかったのが個人的には「オッ」って思いました。

応援していただいている皆様に感謝です!!!


宮崎スタートアップバレー(ミヤバレー)とはなにか?

ミヤバレーは、「チャレンジしやすい文化を創る」をミッションとした団体です。
キックオフイベントにおいても共同代表や顧問など皆さんが話したことは共通して、”「チャレンジャー」を応援し、僕らも「チャレンジャー」である”ということでした。

新しい産業を、新しい仕事を、新しい雇用を、創業を!と行政が声をあげ、
大学生だけでなく、年齢的な意味だけではなく若い人がなにかをチャレンジする時に

いいじゃないか!チャレンジしなよ!サポートするよ!

と言える空気を宮崎で創っていこうというものです。

そのために、起業経験者(現在進行形の方)、上場経験者、海外事業展開経験者、ベンチャー企業における資本政策の経験者、スタートアップから大手までの成長のためのマーケティング経験者などが、スキルだけでなくネットワークやメンターとして相談相手としてサポートしていこうというものです。

サポーターは、スキルや組織やお金の有無ではなく、応援するというスタンスを持っている方々です。


宮崎スタートアップバレー(ミヤバレー)のキックオフで伝えたかったことはなにか?

キックオフイベントにおいて、顧問でもある小川さん(インタークロス)が経験談を交えながら話をしていただきましたが、

一度失敗した者が、もう一度、もう二度参加しようとする時に、
あいつは失敗したやつだというネガティブなものではなく、
チャレンジしているから応援しよう

というような空気をつくりたい。


スモールビジネスだ、飲食業だ、SOHOだ、NPOだ、グローバルベンチャーだと規模・業種とかを気にしているのではありません。

チャレンジする人を応援し、自らしくチャレンジする空気、風土を宮崎に創りたい。

これに尽きます。

宮崎スタートアップバレー(ミヤバレー)土屋が実現したいことはなにか?

私も、宮崎のチャレンジャーを応援するというスタンスで、ミヤバレーの共同代表として立ち上げ、実行、サポートをしています。

私は、アラタナという会社で宮崎県内にしがらみもなく、県外のお客様を中心にウェブマーケティングを武器としてビジネス(収益獲得、再投資、人材採用、育成)をしています。
私自身も大学生時代にチャレンジをして、在学中にベンチャーの役員として上場、そして会社設立、会社の売却、テクノロジーベンチャーの成長を実行だけでなく支援をしてきました。
そして現在は、ビジネススクールで教授としてチャレンジするイントレプレナー、アントレプレナーへの教育、サポートをしています。

東京であれば、正直なところ こんな活動をしなくても、ベンチャーキャピタルなどもリードをとり、毎日チャレンジャーが生まれ、創業・採用・撤退・再挑戦が起きています。(もちろん、世界と比べてどうこうという話はよく言われますが)


大事なことは、私は故郷 宮崎に現在いるということ。
そして、ビジネスという目線を持って宮崎という地方都市を守り、生き残るための動きをしたいということ。

個人的には短期的施策、中期的施策、長期的施策があり、今回のミヤバレーは中期的施策に位置しています。
短期的には会社としてビジネスを成長させ、雇用を生み、メンバーに今後より生存競争が厳しくなる市場におけるサバイバル力を身につけさせることです。
ミヤバレーにおいては、「文化を創る」としています。これが一朝一夕でできるとは思っていないのですが、継続したい。派手でなくてもいい。これは諦めないということです。


自らの心の原体験である故郷への誇りであり、愛をもって できることをしたい、そのための私の一歩・チャレンジがこのミヤバレーなのです。


宮崎スタートアップバレー(ミヤバレー)で具体的になにをしていくのか?

キックオフ前の記者会見でも配布させて頂いたものですが、イメージしているのはこのようなスキームです。共同代表の3名(齋藤潤一齋藤隆太土屋有)と顧問陣でスタートするからこそできると考えたスキームです。

スライド5


まず目の前でいえば、顧問でもあり起業家としてチャレンジをはじめた生駒さん(テラスマイル)が、毎週 宮崎の高千穂通にあるタリーズで起業志願者の相談にのります。
身近で、起業したばかりの人との出会いは刺激になると思っています。
私含めて、相談にのります!ブレストしましょう!

9月には私の故郷都城でもイベントを開催します。

私自身は、2020年までに宮崎の起業家・事業家へのインタビューをカフェで行いそれを公開していきます。このインタビューは興味ある方にも同席してもらって、チャレンジしている人を身近に感じてもらい、自らがチャレンジャーになるきっかけにしたいと思っています。

詳細は今後こちらのサイトで公開していく予定です。
Miyazaki Startup Valley

このページのトップヘ