ぷぷぷ、ランナー

つちやゆうのブログ。タイトルは昔つけたままで、特に意味はありません。 ※発言は私の主観で、所属する団体/法人の公式な見解ではありません。

カテゴリ: ベンチャービジネス

いつも、いつもお世話になっており 且つ 尊敬しているETICのU野さんから頂いたお話で




先日 専修大学へ伺わせて頂きました。








向ヶ丘遊園からちょっと(?)歩きます。




多摩方面の大学に行っていた私としては




かるーい登山気分、下山気分の登下校は問題ございません。








専大ベンチャービジネスプログラム




という内容でして、先輩のアクトインディの下元さんも昨年出られたということで






勢いのみで承諾してしまったプログラムです。










タイトルは「●を●●●●ためには ●●●で●●●●●●●●●」です。わからないですね。


教えません




1時間半の講義でした。








受講生は、何人だったのでしょう。。。専修大学の生田キャンパスで一番大きい教室でしたが。




200人?300人?というざっくり感ですが、まぁ、大きい教室と多くの学生さんでした。








私から、ムチャぶりで質問されてしまうという、


かわいそうな学生が数名いらっしゃいましたが、ご愛嬌ということで。






ある学生が、「卒業して、数年後母校に戻ってきて講演をしたい」という目標を話してくれました。




そして、思い出しました 僕も大学1年か2年生の頃 多摩大学の望月先生の講義の中で同じ発言をしたことを。






いやぁ、青春な空気を感じました。




そして、なぜだか僕が元気になりました。




ありがとうございました。




勉強しないこと、アンテナ張らないことは








成長を 止める








楽しむことを 捨てる








刺激を 生み出すことをやめる








刺激に 気づかなくなる








自分の可能性を 捨てる








誰かを幸せにすることを あきらめる








なんだろうと思います。











そんなもったいないことできません!!!!







先週末は、法事で 故郷宮崎へ帰省させていただきました。






飛行機に搭乗している50%くらいの方がマスクマンカゼ






もちろん、私もカゼ






飛行機って乾燥しますよね。




10時間近く乗っちゃうと よりいっそう乾燥しますしね。






で、羽田から宮崎をスカイネットアジアで飛ぶ『LOVE宮崎路線(勝手に命名)』は1時間25分ほど。




それでも乾燥するのですが、マスクマンだとそうでもない。






インフルエンザを気にしつつ、快適でした。












さて、宮崎ですが、、、暑かったです。






祖母の妹にあたる おばあちゃん が元気!


驚くほど、記憶力がいい!! ビバ 91歳チョキ






ちょっと散歩に出てみると、近くの公園の隣の畑でイチゴが育っているのを発見。


んが、イチゴのそばにタマネギが育っている。。。はてなマーク






農家の方(最近、親父さんの故郷都城に横浜から引越してきたとのこと)に聞いてみたら






「無農薬で育てると、虫がイチゴに寄ってくるけど、タマネギをそばで育てると虫がタマネギが嫌いらしく、イチゴがやられない」とのこと。







ほぉ。と 関心していると











畑の隣家のおじちゃんが 突然






「花もっていかんね?コスモス







と、初対面だが いっしょにいた 母から お花好きオーラでも、でていたのか!?









はじめて会ったおじちゃん家の庭に


ドカドカと入っていきまして、花だけでなく、苗木などなど


もらっちゃいました。









私の体をみて、おじちゃんからアドバイス







「食べる時は食べる。飲む時は飲むにしなさい」





「ドクダミを洗って、焼肉みたいにして食べると旨いしカラダにいいから、食べなさい!」







とのこと。






やっぱ地元はいいですね晴れ










さて、現在 弊社では 最近宮崎土産で話題の




花畑牧場 生キャラメル 宮崎マンゴー




がございます。




数に限りがございますので、ご賞味されたい方はお早めに






昨年インターンシップであいけあでいろいろな伝説を残したSくんが




D通に決まったとのコトで、当時のインターン卒業生がお祝いを




やっていてお呼ばれしました。




ありがとう。




そして、おめでとうチョキ






あの、あまり表立っては言えない伝説。


忘れられないような思い出です(笑)








介護ビジネス考 - to be Happy.-Image2261.jpg








こんな時代に、大手商社などなどから内定を総なめしたとのこと。




でも、謙虚。






変わらないスタイル。デキルなぁ。






ま、そのうち 「あいけあに来たいっす」 と言わせてみせよう。




やっちゃうぞ!あいけあ










さてさて、




うちに参加するインターンはいろんなキャラクターがいました。




大手志向だからこそ、インターンのうちにベンチャーを体験しておこうという人




ずっとベンチャー志向の人




大手志向からベンチャー志向に変わった人








大手コンサルいったり、ベンチャーで大活躍していたり


起業しちゃったり などなど












でもって、そんな彼らと会うと、元気になる。




Sすけ、Yすけ、Oさむ?、Sとう などなど






卒業してからも いろんなタイミングで


会っています。








不況の影響を丸かぶりして、


希望していた部署と違うとこで がんばっている人もいる。




「結果だしますよ」と言ってから数ヶ月。


本当に結果をだしてがんばっている。





かっこいいよ!本当に。








やっぱ、






世の中 


おもろいぞー!!!











世の中 もっと ハッピーに


そして面白くしてやろう!





と思った時間でした。












タイトル書いた直後で、あれなんですが。。。




ご褒美ってニュアンスではないんですよねガーン。。。










明日 夜 インターンで ガツーンアップと結果をだした 




Kさん と担当したSさん











あと1日で 入社1年目を迎える Oさん




ある意味、天然な方ばかりになりますが汗








と ご褒美的 食事会船 が開催されますワイン












YES!!






これは、ノリ的には誰でも参加できそうで、




できないにひひ










そんな 会食






結果をだした あなただけ♪会食




なのです得意げ










といいつつ、私が一番楽しみにしてたりします。。。






どんな内容かは 秘密です。はい。




著者(著作権者)の皆様へ






「Googleブック検索」和解に関するご連絡






 日頃は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、








といった内容のお手紙が日経BPから届きました。






介護ビジネス考 - to be Happy.-Google








もう3年ほど前になるんですが、日経BPから本を出してましてその件でした。






GoogleのGoogle Book Searchの件で、米国作家組合、米国出版社協会の会員である出版社(McGraw-Hill,Pearson Education,Penguin Group,Siom&Schuster,John Wiley&Sons)と和解が成立する見通しとのこと




それによって影響があるので解説&対処の説明です。




2008年10月に和解成立で、2009年6月に裁判所によって正式に認められるとのこと。






◆和解のポイント


・権利者が請求すると1作品あたり60ドルの対価を支払う(具体的支払い受け取り方法などは不明)


・Googleが書籍データを使って得た全収益の63%を権利者に分配する(具体的支払い受け取り方法などは不明)


・それぞれの著者(権利者)がGoogleに対してデータ削除や本文表示利用を停止させる


・利益徴収と著作権者に分配する組織「Book Righits Registry」を設立・維持するために3450万ドル拠出する




2009年5月5日までに何もしなければ「和解に参加」ということになるとのこと。




<もうすぐ目の前じゃないか!!!>




と思ったら、ちゃんと




この和解をベースにgoogleが展開するサービスはUS国内のパソコンからアクセスした場合のみで、日本では利用できないとのこと。




ほー






ここで、でもアメリカの裁判所での和解などなどが、日本に及ぶのか?




と思ったら




ちゃんと解説されてます。




この訴訟は集団訴訟(クラス・アクション)と認定されているとのこと。




このクラス・アクションというのは訴訟に参加している当事者と利害の共通する関係者は参加していなくても効力が及ぶとのこと。でもって、ベルヌ条約という著作権に関する条約があって、その条約の下に日本の著者や出版社にも影響が及ぶとのこと。




うーむ。難しい。。。。










日経BPさんは専門家、関係者、関係団体にヒヤリングした結果選択肢は2つとのこと






和解に参加する




or




和解に参加しない






ま、当たり前の選択肢ですね。






和解に参加しないを選ぶのであれば、2009年5月5日までにGoogleに専用サイトを通じて申し入れする必要があるとのこと。いろんな意味でさすがです!!






日経BPさんは、和解に参加した上で前文削除をGoogleに要求するとのこと。




和解に参加しないと削除要請できないので。








で、私自身はGoogleと和解します


 ⇒ 共著の武谷さん どーしましょ?






ぶるーくろす







たまゆら






私たちがお取引したことのない施設(実際は老人ホームではないと認識)




見学さえしたことがありません。




なぜならば、高齢者の方専用の特定施設ではないと私たちは認識していたから。




まぁ、存在自体を知っている業界関係者の方が少なかったと思いますが。








先日、有料老人ホーム紹介業界では有名なSさんと話をしていたのですが、






問題のある老人ホームの存在について議論していました。




決して  低価格の有料老人ホーム=質の悪い老人ホーム と言うわけではありません。




しかし、相対的にみれば 低価格の老人ホームは高価格の老人ホームと比較すれば劣る点が多いのは事実。








虐待や事故防止策がない老人ホームは論外ですが、






老人ホームを選ぶにあたって、一般的な方であれば多くの制約条件の下で選択しなくてはいけないのです。




「ある程度問題があったとしても、選択肢がそれしかないならばしょうがない」




と受け止めるご家族がいるのも事実なのです。








老人ホームに入居する際に必要な 入居金 といわれる費用、そして毎月かかる費用。




貯金もなく、毎月の費用は年金と息子さん・娘さんたちからのなんとか用意するお金で選択しなくてはいけない現実。




自宅で介護するべきだ!という声があるのも事実ですが、働きながら介護し続けるのは大変難しい。


「難しい」という言葉だけでは表せないくらい厳しい。




決して自分を生み・育ててくれた親を 捨てる ということではなく、大切にしたい けれども現実的な問題があるそんな中で 選択している方も多い。








また、親族もおらず生活保護のみで迎えてしまった介護が必要な老後。その中で選べる住まい方。




セーフティーネットが足りていないと言うか、無いような状況で  民生委員、ケアマネ、ソーシャルワーカー、行政の窓口の方々は 選択肢の無い中で受け入れ先を見つけている。








そんな状況から考えて、こういった問題をどう捕らえるべきか。




毎日新聞の調べでは全国に625件の無認可の老人ホームがあるといいます。


もっとあったりするんではないか?と思ったりしますが。




無認可しか選べない家族。


無認可でしか運営できない施設。


無認可だからできる価格やサービス。






こんな存在は 善 か 悪 か。






事故などは もちろん 悪 です。






ただ、追い込まれた方々を受けとめようと、




自分たちがセーフティーネットとなろうと施設を立ち上げ、




法律が18年4月に改正されてからは「無認可」といわれてしまっている介護施設の志 は 善 寄りなのか。






(追記:ここで なぜか 飛躍してみます)





この問題は、


僕らの世代は あまりというかまったくリアルに感じられない問題のひとつではないだろうか。




僕らの世代というよりも、当事者の痛みや苦しみを想像できない層は関心をもてない。




その結果ではないだろうか。




国、行政の予算の使い方を考えるべき点かと。










ちなみに有料老人ホームの定義ですが、




以前は




常時10 人以上の老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設であって、老人福祉施設でないもの






平成18年の4月からは


老人を入居させ、入浴、排せつ、若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるものの供与をする事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないもの





となっています。





数名の高齢者の方向けに提供されていたものは老人ホームではなかったんですが、事故などを受けて法律が変わった瞬間から 無認可 となった施設もあります。





というタイトルにしたものの、ブログで伝えたいのは




面白いサイトがありました。




ということだったりします。








※もちろん、営業効率をより高めるためにはどうしたらいいのか?と日々走りながら考えて、仮説・検証を繰り返しているんですが、僕だけでなく メンバーみんなが。(だよね?)と軽くプレッシャーもかけてみるにひひ










さてさて、だいぶ昔から読んでばかりいるサーベイMLで流れていたものなんですが、、






デジハリの大学1期生の方の卒業制作で優秀賞だったサイトとのこと。




今 現在の 地下鉄の電車がどう動いているかがわかるというもの!!ニコニコ




GPメトロ


http://metromap.jtc21.com/






お、おもしろい!!




アイレップ新入社員のみなさん





ご入社おめでとうございます。






(気持ちを文字の大きさで表してみました。)








昨日、親会社である株式会社アイレップの入社式に出席しました。






緊張しながらも、これからの期待・希望にあふれた雰囲気を持った新入社員の皆さんから元気を頂きました。ニコニコ






ありがとうございます。






そして、宜しくお願いします!








とても、個性豊かで楽しみな方々ばかりです。






共に成長していきましょうメラメラメラメラメラメラメラメラ












夜のニュースを見ていると、新社会人へのインタビューなどが多く取り上げられていました。






メディア側の意図もあると思うのですが、


どうもアンケートとかの答えが  他責 にみえる。






会社がどーだ。


政治がどーだ。


社会がどーだ。


給料がどーだ。


先輩がどーだ。


上司がどーだ。






おいおい、新社会人になったばかりで いきなりそれかい!?


と笑いなが突っ込んでました。






僕らが変わっていくことで まわりを変えていく。





変えていかなくちゃいけない!






くらいのコメントでないかなぁ〜と






期待しちゃいます。


(実は出てるけど、流れていないだけかも。。)








まずは、自分たちから走り出します!グー




さぁ、みんなで より高い世界へ 一歩一歩 確実にふみだそう。






自分たちで自分たちの世界は変えられる。










おもいを伝えたいなら、伝え続ける。






いやってほど、伝え続けよう。








続ける








続けよう




このページのトップヘ