ぷぷぷ、ランナー

つちやゆうのブログ。タイトルは昔つけたままで、特に意味はありません。 ※発言は私の主観で、所属する団体/法人の公式な見解ではありません。

カテゴリ: ベンチャービジネス

マーケティングコンサルタントとして、企業成長を支援させていただいている中で体験した事例としての企業成長の年商数億円の壁とも言えるものを忘れないためにも記録しておきたい。

とはいえ、実際に社長として自ら経営していた会社も年商数億円の壁の前で苦しんで苦しんで苦しみまくった経験もある。もちろん、壁を乗り越えた経営経験もあるけれども。その違いはなんだったのか。

ちなみにアマゾンで、「年商 壁」と検索すると年商には 1億、2億、3億、5億、10億、30億の壁が存在するみたいです。

個人的に経営としては100億円の壁も体験したし、30億円の壁も体験してきたけど、まーそれぞれ経営者の心次第で壁はどんな年商においても存在するわけですが。

ふと自らの会社経営とコンサルタントとしての支援先の企業の壁の存在で共通するところが見えてきたのでつれづれと書いてみます。

まずは壁ってなにか?

「順調に伸びてきた売上の勝ちパターンを変えないといけないとき」 = 「新しい売上の壁」


ここで苦しいのは、売上の勝ちパターンのどの部分を残し、どの部分を変革・チャレンジするべきかを決める判断が苦しい。

そして判断・決断をしたとして、新しい勝ちパターンを探す中での先の見えない感が苦しいわけです。


・1つ目の壁
経営者として決断は大変苦しいものですが、することはできます。
その際に、従業員がいる場合は ビジョンを示した上でチャレンジするわけですが、この時の伝え方や伝えた後のフォローが難しい。

今までほめてきたやり方から、誰も答えを知らないやり方に切り替えてもらう。そして、以前は褒められていたのに、怒られたり、注意されたり、答えを提示してもらえなくなる。これで従業員は不安な気持ちが生まれる。
→これはマネージャーとしてメンバーと向き合ってきた人でないと体感できないのでは?と思います。本を読んだだけでは難しいポイントです。

この気持ちをフォローしながら、PDCAをできるだけ早くまわしていく。

・2つ目の壁
このPDCAをまわす際に、いかに仮説を立て検証するかの失敗しながらのプロセスが苦しい。

より高い成長を目指さなければ、うまくいっているわけです。
現状維持でも利益もあり、問題はない。ただ、成長への欲求が満たされない。

だからチャレンジするんですが。

・3つ目の壁
人とお金のやりくりです。
新しいやり方にリソースを使うからと言って、既存の売上を落とすわけにはいきません。しかし、新しいやり方に、お金も人的リソースも突っ込みます。
特に、既存に投下している広告費に追加して新しいやり方への広告費への投資などがでてくると、以前の投資対効果に比べると悪化しているように見えます。
これは、ある程度まわりはじめるまでは続きます。

・4つ目の壁
経営者が自らの選択を疑ってしまう自問自答の壁。
どんなにワンマンでも、どんなに強気なキャラクターであっても 不安は存在します。
そして、従業員の不安な気持ちについて向き合う必要があります。前向きなポジティブなメッセージを伝え続ける必要があります。


これらの壁が重なった時、とても大きな壁として対峙することになります。


乗り越え方として一番のポイントは
早くPDCAを数多くこなして、新しい勝ちパターンの糸口を見つけて、メンバーの気持ち、人・資金の投資を効率よく実行するジャッジをすることです。
→この時こそ、マーケティング思考が重要だと私は考えています。

その際に、ついてこれないメンバーが発生する時があります。その時は、組織を分断するなどしてもいいですし、出来る限りリーダーである経営者の近くに置くことをオススメします。
そうしないと、チームの気持ちをグラつかせてしまう起点となる場合があります。


あとは、経営者・責任者の対峙力であり、制約条件を理由に押し付けたり押さえつけたりすのではなく、向き合い理解しあい、すすめるのです。

これこそ、経営力であろうと感じています。

釣り×WEBな人ならみんな知ってるよね?

そう
釣報
38



ツリバカメラ
17










を提供している、ウミーべ株式会社さんです。

最近福岡のスタートアップはイケテル感があるわけです。
そして、ユーザーとしてファンでもあるプロダクトをだしている会社さんなので、さぞかし福岡という大都会な感じのオフィスだと想像してました。

さすが、ウミーべ 期待を裏切ってくれます。

最寄り駅は 今宿(いまじゅく)。
38

想像以上に田舎感が否めません。

僕のオサレ福岡スタートアップ感とは結構ギャップがあります。
当日は雨だったのですが、オフィスが入っているビルに到着。

「ほんと、ウミーべなのね」 → 海辺 なのね!
(伺った日は雨だったので、傘が邪魔で外からは写真とれなかったす。。なので、FBから拝借)



オサレ感のある海辺のビルの3階にあります。
シェアオフィスにウミーべさんは入っていらっしゃるので、他にもお仕事されている方がいらっしゃるので遠慮気味に入っていきます。

海側は全部 オーシャンビュー!
12308750_10201106917632988_6291027496532708006_n


曇ってて、釣りにはちょうどいいんじゃないか?

目の前を海を見てみると、凪な感じ。ヒラメを狙いたい感じです。
12311322_10201106917792992_8470150287845083344_n


こんなオフィスならば、遅刻する気しません。
朝早く出社して、釣りしてからな生活ができるというか、これはしてしまう環境です。
でも、ボイルとか職場から見えちゃうと、仕事が進まなそうです。

夕まづめな感じでもしたくなるので、仕事はできるだけ効率的にすすめる動機付けもバッチリです。



そして、ウミーべ代表のカズワタベさんに 釣報やツリバカメラについて、勝手におせっかいに、うざいと思われていたり、同席されている方の時間も無視しして、いろんなアイデアを提案し続けてみました。

ほんと、ごめんなさい。


でも、楽しかったし、嬉しかった!!!これからも応援したい!手伝いたい!
勝手にサポーター宣言して帰ってきました。

また行きたい!(勝手に行くけどね!)


ちなみに、このオフィスにいったらなんと管理人?が知り合いの須賀さんで驚いた―。
そういえば、前プロジェクター借りようと思ったら、今宿までこれるならーって言われたけど、ここだったのかーって繋がった感じです。

それに大義はあるのか?


会社経営ってカッコイイものではなくて、
戦略は組織のあり方であり、組織は人であり、人は感情的であって、
ビジネスモデルをいかに実現するかをリンクさせていくもので。

もちろんそれには資金繰りもあって。


そんな中で、

苦しいこと、
経営者として苦しいこと、
人として苦しいこと、
仲間として苦しいこと

ってあるわけです。

それでも、判断して、向き合って、実行して、良くも悪くも結果がでます。


そこで、生き方がでると思っていて。
僕自身はそこに「大義があるのか」ってことだと思っているわけです。

もちろん、多くの失敗をしてきていますので、多くの方に御迷惑をおかけもしてきています。

しかし、それでも大義をとる時があるんですね。

ここでの大義って キレイ事なんですけど、
この大義と現実性のバランスをとることが「経営」だと思っていて。

だれにどう思われる、どう判断されるかだけではなくて
信じるか信じないか。
信じたいか、信じれないか。

最後は孤独なものだよなって、
自分が社長の時、責任者の時、
総じて 経営者という自覚を持った時はいつでもそうなんだと
思い出したので備忘録。




そろそろ、秋になってきて より釣りが楽しい時期になってきましたねー
遠征したいなー

日南市長とアラタナ社長のインターンシップの企画をスタートしました。

きっかけは、日南の崎田市長と私のディスカッションから、生み出してみました。
なんだかんだ、いつも崎田さんとはブレストしてる気がする。

ってことで、
会社は てきとーに やってみよ!ってことで話をまとめまして。
日南の広報担当の方とは1度詰めるために日南に行っただけなのですが。

19


アラタナ社長(他役員)と日南市長にベタ付きしてのインターンを1週間で体験できる!という企画。

話をしたのは数ヶ月前、動き出したのは1ヶ月前。

ちゃんと記者発表もしました。
11412053_913805222010877_7464194819790778786_o


今回の背景としては
・日南市もアラタナも優秀な学生からの応募を獲得したい。
・就職活動中の学生は情報過多になっており、両者からするとリーチがしにくい。

という課題もありますが、一番は

実は ベンチャー経営も行政経営も どちらも とても面白くて魅力的!そして成長の機会はとてつもなくあるよ!

一番感じるのは、企業経営者(社長、役員)と市長(社長的)な存在の近くにいるインターンシップがいいだろうということ。

そんな魅力的な仕事が宮崎、みんなの近くに存在する。そんなことを知ってほしいし、選択肢にいれてほしい。そのために、行政とか民間とか関係なくいっしょに取り組みましょう!ということです。

これが大事なのは、形だけのインターンシップではないです。カバン持ちではないです。
実際の会議もすべて見せます(アラタナ)。ハードなスケジュールを一緒に過ごしてもらいます。


これがうまくいかどうか。
やってみなきゃわからないでしょ。

このスピード感は、社長である市長と役員で話し合ってその場で決めたことからはじまってます。


さぁ、楽しみです!


アラタナサイト 
日南市サイト

なぜか、ここ数日で気になる記事として

無能な働き者が害悪な理由5つ
”有能な怠け者は司令、有能な働き者は参謀、無能な怠け者は兵士にすべき”という書き出しで、無能な働き者こそ、適切な判断が出来ない上に勝手に行動し、周りに迷惑をかける。その原因やその人への対応が書いてあります。

わかるなー、いるよなーと思う反面。あれ?自分はそうなっていないかな?大丈夫かな?って振り返ることができる記事でした。

ベンチャーの企業文化とは何だろうな

Finge81の企業文化、そして経営者としての役割を 経営者自らがなにをしたいのか?を考える中から見出し、そして会社の文化を作っていこうとしている様子が感じとれます。

私がハッとさせられたのは、「事業を作りたいのか、組織を作りたいのか」という問です。
以前は私自身も事業を作りたいと思い、チャレンジをしてきました。しかし、いくつかのビジネスにチャレンジしてくる過程で、事業作りのための組織づくりの重要性そしてそのエキサイティングなことを知り、体験したことで、参謀業的なポジションで会社に入ったり、お声がけをいただきながらしてきて、手を入れるのは。共通の価値観とお互いの違いを受け入れ合うことで、どのような組織・風土をつくるかということだと思います。

これは、私が社会人としての原体験をさせていただいた アイレップの創業者の高山さん、そして人生初の上司であり先輩だったアクトインディの下元さんの影響が大変大きい。論語とそろばんのバランスと言ってもいいかもしれません。
そして、プロジェクトマネジメントとして多くの学びを得た面白法人カヤックでの起業文化経験。

私は、事業で課題解決をするための組織づくりに一番興味があるのだと再確認させてもらいました。

「理想のリーダー像」とは 誰でも頑張れば「リーダー」になれる

スターバックスの元CEOである岩田さんのリーダーシップ論です。この最初の回のエッセンスだけでも、私自身もグイグイついてこい型のリーダーシップではなく、みんなについていきたいと思ってもらえるリーダーシップを意識し、取り組んでいるからこそ、シンパシーを感じました。


この3つの記事が最近のわたしが気になった記事です。


ベンチャーというか立ち上げ期の会社でワンマンさがなく進むことなんて、ないと思っています。
要は多少の反対があっても押し切って進めないと、ビジネスチャンスの獲得、危機の回避・乗り越え、可能性の拡大、イノベーションなんてできないと思っています。

しかしながら、一定の仲間を獲得しチームを作り、組織戦として戦っていく必要性がでてきた段階で、判断に困ったときに立ち返る価値観や軸、ポリシーといったものを作っていくことは必須です。

ある意味、居心地の良さとは成長の停止だと思います。思考停止は成長停止です。


地方ベンチャーというわけではなく、ベンチャーであればどこでも同じなのですが経営者が実現したい未来・事業を成功させるために、仲間に関心を持ち、仲間のパフォーマンスが最大限発揮され、それ以上の結果を生み出すためには、メンバーの気持ちを震わせる、またはメンバーの今までの力を越えさせるような”空気”が必要なのです。

この”空気”こそ、企業文化なのです。

よく言われる、チャレンジ精神や経営者感覚、完璧よりスピードなど経営者がメンバーに出すメッセージこそ、実現したい未来・事業の実現のために必要な価値観なのです。

この価値観を持ってもらうためには、メンバーがその価値観を好み、受け入れ、醸し出す存在とならなければいけないのです。これは無理やりするものではない。
いや、無理やり押し付けてみたら、ちゃんと機能するということもあるでしょう。しかし、それはその経営者、マネージャーが不在になった途端になくなるものです。

メンバー自らが醸し出し、育て、成長させていく企業文化とは、メンバーの未来と会社の未来をお互いにすりあわせていくものです。

このゆびとまれ的に、ビジョンを打ち出したとしても 入ってしまえばバレてしまうのです。だからこそ、そのビジョンや価値観をしっかりと日々の業務の中で使える取組を考え、落としこむことが経営者が事業実現のために組織づくりで意識すべきことなのだと思います。

これは社長一人の問題ではなく、経営者としてのマネージメント層は全員が持つべき視点でしょう。



事業の成長と組織の成長のリンク。そしてどちらの成長と個人の成長が繋がり、メンバーの成長が自らの喜びとなる。この関係性を理解することが、ベンチャーが創業し拡大していく段階で経営者が理解すべきものではないでしょうか。


とあるチームミーティングにて、




僕「Mさん ●の進捗どうなっていますか?」






Mさん「●●●は、■までに△を■にして、●となっています。」




Kさん「それってさ、●●●●●●だったりはしてない?大丈夫ですか?」




Mさん「それについては、■■■■■で、△△△しているので大丈夫です」




Mさん「●●については、シナリオが●あって、■でいこうと思います」




ホワイトボードに書き出す・・・






Kさん「それだと、●だから △のほうがクライアント様の課題解決のスピードがあがるのでは?」




Mさん「確かにそうですね。●は調整して■までに進めます」










僕のコメント最初だけ。





こんな風に、


お互いの業務や案件について、


チェックし フォローし、サポートし、アドバイスしたりしながら進んでいく。






当たり前とえば、当たり前。


けど、自発的に お互いの成長を加速させていく姿勢ができてきている。






すばらしい!






イイよ!!








お仕事関係でいくつか情報を整理








再チェック サービス


ホーム・インステッド・シニア・ケア

http://www.homeinstead.com/home.aspx


ダスキン

http://homeinstead.duskin.jp/index.html




Solutions for Back Pain

http://www.relaxtheback.com/




GOLD VIOLIN

http://www.goldviolin.com/




Mr.Handyman

http://www.mrhandyman.com/country-select.aspx


日本では厳しいかもモデル




Mather LifeWays Mather cafe plus

http://www.matherlifeways.com/iyc_inyourcommunity.asp




senior housing.net

http://www.seniorhousingnet.com/?source=lnt


一部は日本にもあるといえばある




grandparents.com it's great to be grand.

http://www.grandparents.com/gp/home/index.html











恩師である 多摩大学・大学院の星野克美教授の退官記念講義でした。




いやぁ、おもろかった。




うん。おもろかった。






筑波大学時代の方から、学部、大学院の弟子というかお世話になった方々が集まりました。




社会変動論、社会文明論、認知科学、記号論、消費人類学、未来予知科学、地球環境文明論




と 社会動態学 ともいえる先生の研究、実績を振り返りつつ








新たな気づきと学びを得ることができました。




ありがとうございました。




私は、いろいろ深ーく


書けないようなことを含めて


お世話になりっぱなしでした。




前職では監査役になっていただいたりも。。。






野田一夫先生、青山先生、望月先生にもご出席いただき




学生時代を思い出す いいお話をうかがえました。




介護ビジネス考 - to be Happy.






これから、新たなスタートということで




またよろしくお願いいたします!!!!




ありがとうございました。






追伸


星野ゼミOBのみなさん 


ありがとうございました!


これを機会に、しっかりと同窓会やりますんで


お付き合いおねがいしまーす!




とある偶然が重なり出会うことになった方なんですが、大変ユニークで刺激的なことを仕掛けられていました。






ということで、ご案内だけな今回のブログ。






障がい者である個性を生かした「障がい者起業家」の輩出




ユニバーサルベンチャー・ビジネスプランコンテスト




「障がい者福祉」から「ユニバーサルベンチャー」の時代へ




片手で使えるライター、曲がるストロー、電話機、ウォシュレット、エレベーターの鏡、駅・電車内での情報案内表示、銀行や役所などの受付番号表示などなど、これらは障がいを持っている方のために、と作られたものです。 でも、今となっては誰の生活にも欠かせない存在となっています。


これらのようにあなたの個性、あなたの視点でしか創り出せないものがあります。

「受ける側」から「創り出す側」になって、一緒に社会を変えていきませんか?




という切り口なビジネスプランコンテスト






個人的に共感し応援しています。




いいっすね!




本当に せつないですね。




どうしてなんでしょう。








わたしが、ちょっとの間 離れてしまっていたからでしょうか。










というより、驚いています。










なぜなのか!と
















私のブログのアクセス解析を見ると




私の名前以上に 別の方の名前が検索ワードでかなりの上位です。






そんなに、私がブログをサボっていたからなのでしょうか。






いや、前向きにとらえて








これからは




あんな、こんなキーワードからのアクセスを狙って




記事を書いていこうかと考えてみます。




このページのトップヘ