とある偶然が重なり出会うことになった方なんですが、大変ユニークで刺激的なことを仕掛けられていました。






ということで、ご案内だけな今回のブログ。






障がい者である個性を生かした「障がい者起業家」の輩出




ユニバーサルベンチャー・ビジネスプランコンテスト




「障がい者福祉」から「ユニバーサルベンチャー」の時代へ




片手で使えるライター、曲がるストロー、電話機、ウォシュレット、エレベーターの鏡、駅・電車内での情報案内表示、銀行や役所などの受付番号表示などなど、これらは障がいを持っている方のために、と作られたものです。 でも、今となっては誰の生活にも欠かせない存在となっています。


これらのようにあなたの個性、あなたの視点でしか創り出せないものがあります。

「受ける側」から「創り出す側」になって、一緒に社会を変えていきませんか?




という切り口なビジネスプランコンテスト






個人的に共感し応援しています。




いいっすね!