ここ1〜2ヶ月は出身地である都城近隣の高校から講演依頼を頂くことが多かったのですが、いって驚いたのが”高校生のプレゼン”がそこら辺のオジサンのプレゼンよりイイネ!ってことです。

講演として伺ったのは
2月1日 平成27年度宮崎県産業教育振興会都城地区産業教育体験発表会
    「都城市の将来を創る高校生に期待すること」
2月24日 都城商業高校 地域産業を支える元気な担い手育成事業講演
    「これからの時代を生き抜くために、今学ぶべきこと、これから挑戦すべきこと」

というテーマを頂戴しておりました。ま、勝手にタイトルや展開は変えてしまうのですが。。


さて、2月24日の都城商業高校の講演は、300人の都商生を対象として話をさせて頂きました。90分という高校生に対しては長丁場な機会でしたが、ほぼ寝ないでみんな聞いてくれました。また、質問も途中で止めないと終わらないくらいの盛り上がり!
これは嬉しかったです!

2月1日のながーい名前の発表会ですが、これは都城地区の都城農業高校、高城高校、都城工業高校、都城商業高校の生徒さんによる課題研究の発表と合わせての講演になります。生徒の皆さんの発表も聞かせて頂きました。

各高校の専門性とさらに課題研究に挑んだ生徒さんの個性により、独自性が高くそして聞く人を飽きさせない発表でした。

特に驚いたのが、都城商業高校のプレゼンです。
このプレゼンは、地域でよくみる◯◯な方々による文章を読み上げたり、プロジェクターで表示されているものを読むだけのものではなく、しっかりとどこで聴衆の感心をコントロールするべきかを考えられたものでした。


これは、生徒もそうですがこの指導とサポートをしている先生方のクオリティの高さを感じます。なにより、生徒が自信をもって話をしているのがすごい。

プレゼンにおいて大事なことは、自分の言葉で自信をもって話すことだと土屋は考えているのですが、すごい!

めちゃめちゃ、刺激をもらったのでその後の各校からの参加者300人を超える方向けの私の講演も気合を入れることができました!

この時も、質問を高校生が自らしてくれて大変嬉しかった。なにより、出身地の都城の未来に関わることができてとても嬉しかったです。

ありがとうございました!!