宮崎県の上場企業について調べてみました!

宮崎県内(を本社所在地としている)上場企業は、2015年12月1日時点では

旭有機機材工業、ハンズマン、宮崎銀行、宮崎太陽銀行の4つのみ。

07


売上、営業利益、経常利益、従業員数、平均年齢、平均年収は 連結対象がある会社は連結の数字に敷いています。持ってきたのは各社のIRと四季報からです。

こちらの表では、比較したかったので1年分の売上・営業利益・経常利益がわかる前期分を記載してみました。

勝手にランキングを出してみます。

売上高・営業利益額・経常利益額・従業員数・平均年収額において1位は宮崎銀行さん。

地元では みやぎん と呼ばれてますね。

56


中期経営計画では、「成長力九州NO.1銀行の実現」をうたっており、”早急かつ大幅な「業量の拡大」すなわち「規模の成長」を図る”としています。
08



あ、あれ。。。ほぼ全てのポイントを1位でかっさらってしまった。。。

これだ!このポイントがあった!

平均年齢最年少の部 1位 宮崎太陽銀行さん。

地元では みやたい と呼ばれています。

46


中期経営計画は、宮銀とはちょっと違います。というか、だいぶ ふわっとした感じになってますね。
名称は「地域と未来創生プラン」となっています。

08



うーむ、宮銀と宮太では 様子がだいぶ違う。
宮銀は昭和7年(株式会社日向興業銀行)設立、宮太は昭和16年(宮崎無尽株式会社)設立とのこと。

中期経営計画的には、宮太は中小企業に注力。宮銀はライフ・アグリ・グリーンに集中投資をし、M&A・事業承継などの支援に注力していく。

-----

視点を変えてみてみます。株式関連情報で比較をしてみました。

【宮崎銀行】
地方銀行の時価総額順位では 83社中49位。店舗数は宮崎を中心に96店舗。
主要株主は下記の順。<15.9>
日本トラスティ信託口 585万株 (3.3%)
自社(自己株口) 546万株 (3.1%)
自社従業員持株会 474万株 (2.6%)
福岡銀行 457万株 (2.5%)
日本生命保険 441万株 (2.5%)
明治安田生命保険 440万株 (2.4%)
鹿児島銀行 386万株 (2.1%)
CBNY・DFAInt'lスモールキャップバリュP 372万株 (2.1%)
CBNYガバメント・オブ・ノルウェー 370万株 (2.1%)
肥後銀行 360万株 (2.0%)

※ CBNY は Citi bank NYの略で、その後の名前が投資家ですね。

海外の投資家からの投資対象になっているところをみると
東証一部上場企業としての雰囲気を感じれます。


【宮崎太陽銀行】
地方銀行の時価総額順位では 83社中81位。店舗数は宮崎を中心に52店舗。
主要株主は下記の順。<15.9>
西日本シティ銀行 188万株 (3.5%)
日本トラスティ信託口4 174万株 (3.2%)
東京海上日動火災 173万株 (3.2%)
富士火災海上保険 161万株 (3.0%)
自社従業員持株会 142万株 (2.6%)
資産管理信信託口(南日本銀) 142万株 (2.6%)
福岡中央銀行 139万株 (2.6%)
福岡銀行 122万株 (2.2%)
日本トラスティ信託口 119万株 (2.2%)
豊和銀行 117 (2.1)

そうですねー。福証上場ぽいです。(地場企業として応援したい!)
だいぶ持ち合い銘柄な印象があります。安定して中小企業を支援してきている印象を受けます。



県内の上場企業を簡単に比較しようと思ったのですが
銀行業だけで比較するといろいろ見えてきました。

28


宮銀と宮太では3〜4倍の売上・利益の差があるんですね。
宮崎にいるとあまり感じないけど、なんとなくイメージできる差が感じ取れました。



さて、銀行業だけでけっこう使ってしまったので
旭有機機材工業、ハンズマンは次回で!あでぃおす!



※利用したデータは、2015年12月21日時点での各社IR及び四季報のデータを利用しました。